• HOME
  • >
  • 長期優良住宅

長期優良住宅

二百年の歴史で培った、 二百年先まで住み継がれる家づくり。

三和木

木材に携わり二百余年、九代にわたり山とともに生きてきた「三和木」。
創業後、ひたすら培ってきた木の知識を家づくりに活かすため、昭和29年(1954)に製材工場を設立し、屋号を「宮木」から「三和木」へと改めました。

飛騨の匠の技

私たちが脈々と受け継いできたのは、素材である木そのものを育て、飛騨の匠の技で住まう人のために一邸一邸丹念に仕上げることです。

耐震性、耐久性、省エネ性を高い次元で実現した家

耐震性、耐久性、省エネ性を高い次元で実現したその家は、2009年に定められた長期優良住宅の基準を満たすに余りあるものでした。

これからも「三和木」は、お客様第一主義で「匠」の技を活かし、 時代の求める住まいづくりを追求していきます。

三和木の長期優良住宅

「質のよいものをつくり、しっかりと手入れをすることで、いつまでも長く暮らせる家づくり」を目的とする、国土交通省によってはじめられた「長期優良住宅事業」。

同事業において、一定基準を満たし認定を受けた住宅は、補助金や住宅ローンの控除など、さまざまな優遇措置が受けられます。

住宅モデルハウス

三和木では以前、長期優良住宅事業の一環として、国産材のみを使用した200年住宅モデルハウスをオープン。木材に携わって200年の歴史を数える当社は、これから200年先の未来を見据え、常に積極的かつ精力的に新たな課題へと取り組んでいます。

優遇措置

同事業において、一定基準を満たし認定を受けた住宅は、補助金や住宅ローンの控除など、さまざまな優遇措置が受けられます。

省エネ性 [省エネ等級4]

住宅の高い気密性を保つこと等により、平成11年に制定された次世代省エネルギー基準に適合しています。

パッシブソーラーシステム採用

構造材・羽柄材には国産材のみを使用

通し柱と土台

通し柱と土台は5寸角以上、その他の柱も4寸角以上の国産材を使用しています。

耐震性 [耐震等級2]

高い耐震性

建築基準法に規定されている壁量の1.25倍の壁を確保することにより、高い耐震性を実現しました。

構造躯体の耐久性 [劣化対策等級3]

構造躯体の耐久性

通常想定される自然条件および維持管理条件の下での耐久性を、3世代(75年~90年)まで伸長するために必要な対策を講じています。

地球温暖化に向けた対策 [劣化対策等級3]

地球温暖化に向けた対策

すべての構造材(柱や梁)などに再利用可能な骨太の国産材を利用することで、超長期にわたりCO2を固定し、炭酸ガスの放出を抑えます。

維持管理の容易性 [維持管理対策等級(専用配管)3]

維持管理の容易性

日常における排水管の清掃のために、ヘッダー配管など配管の点検が可能な配慮や、修理および交換のための措置を行います。

工事記録書の作成

全国中小建築工事業団体連合会にて指定された書式による工事記録書を作成し、お客様および弊社で保管します。

維持保全計画所の作成

60年間の言維持保全計画所を作成し、お客様及び弊社で保管します。

点検・交換可能な床下空間

床下空間

1階に床下点検口を設け、床下に作業員が入れるよう、基礎の立ち上がり部分に人通口を設けます。また、床下のスペースは35㎝以上を確保します。

質の良い家をつくり、大切に手入れをしながら、 世代を超えて長く暮らす。

このページのトップへ